ゆんころの腹筋の鍛え方!スクワットやエクササイズのやり方・トレーニング方法

ゆんころの腹筋の鍛え方!スクワットやエクササイズのやり方・トレーニング方法

今話題の、人気カリスマモデルゆんころさんを知っていますか?

その美しいルックスは若い女性を中心に憧れのマトとなり、絶大な指示を集めています。

 

そんな彼女ですが、実は今彼女のある部分が大きな注目を浴びています。

その、ある部分というのは彼女の腹筋です。

 

彼女の腹筋は、まるで彫刻のように美しく、惚れ惚れすると話題なのです。

 

一体、彼女はどのようにしてその美しい腹筋を手に入れたのでしょうか。

今回は、ゆんころのような腹筋を手に入れるための、スクワットやエクササイズのやり方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ゆんころの腹筋が話題?!


もともとモデルとしても人気のゆんころさんでしたが、あまりにも美しすぎる腹筋をしていることから最近では腹筋にも注目が集まっています。

そんな彼女の腹筋に対して、ネットでは絶賛の声が上がっています。

 

このように、ゆんころさんの腹筋が凄い!という声が多い中で彼女のような腹筋になりたいという憧れの声もたくさんありました。

それくらい男女問わず羨ましくなるような腹筋を維持している彼女。

 

ゆんころさんのような腹筋になる方法を知りたいと思いますが、そもそも腹筋を鍛えるとどのような効果があるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

腹筋を鍛えることのメリットは?

腹筋を鍛えることは、男性らしいたくましい体になるため、という印象が持たれがちです。

しかし、実は腹筋を鍛えることで女性としての魅力をアップさせてくれる、ということをご存知ですか?

 

腹筋を鍛えることで、女性としての魅力をアップしてくれるということですが実際には体にどのようなメリットをもたらしてくれるのかをみていきましょう。

 

その1:ウエストがクビれる

腹筋を鍛えることでお腹周りの脂肪がなくなります。

このお腹周りの脂肪がなくなった状態でさらに腹筋を鍛え続けることで、キュっと引き締まったウエストを手に入れることができますよ。

 

少しでも早くウエストを引き締めたい方は、「ひねり」の運動を取り入れてみて下さい。

これを腹筋の運動に加えることで、クビレのあるキレイなウエストとなります。

 

実は、女性は体脂肪率が高い傾向にあり、男性に比べてお腹周りに脂肪が付きやすいと言われています。

クビれたウエストを完成させるためにも、お腹周りを腹筋で鍛え、脂肪をなくしていくことがとても大切なのですね。

 

その2:ぽっこりお腹が解消する

ゆんころの腹筋の鍛え方!スクワットやエクササイズのやり方・トレーニング方法

ウエストと同様に、お腹周りの脂肪がなくなることにより、ぽっこりとした下腹もすっきりスリムになります。

 

そもそも腹筋には内蔵などを支える働きがあるのですが、腹筋が弱いと内蔵を支えきることができず下腹の原因となります。

それを防ぐためにも、日常的に腹筋を鍛え、内蔵が下垂しないようにしましょう。

 

内臓下垂が下半身太りの原因に!

また、内蔵が下垂することで、多くの女性の悩みでもあるむくみやセルライトといった下半身太りを引き起こす原因にもなるのです。

これは、内臓が下垂することで骨盤が開いたり歪んでしまい、その結果下半身の血流やリンパの巡りが悪くなるからだといわれています。

 

さらに、骨盤が正常な位置にないことで消化や吸収が上手くいかなくなり、太りやすい体質になることも考えられます。

 

女性としての魅力を上げるためにも、いかに腹筋をつけることが大切かが分かりますね。

 

その3:代謝が促進される

ゆんころの腹筋の鍛え方!スクワットやエクササイズのやり方・トレーニング方法

筋肉量が増えることによって、脂肪をエネルギーとして消費する基礎代謝もアップしていきます。

それによりダイエット効果が出やすい痩せやすい体がつくれます。

もちろん効率よく代謝を上げるために、酵素サプリなどを併用することでより痩せやすい体を作ることが可能となります。

ちなみに、基礎代謝のピークは10代後半といわれており、20代以降は年々低下していく傾向にあります。

そのため、成人してからも体型をキープするためには、腹筋などの運動を継続的に行い筋肉量を増やし代謝を高める必要があるのです。

 

人間は歳を取るにつれ、基礎代謝が下がっていくため太りやすくなります。

そのため運動をサボってしまうとおばさん体型と呼ばれる下半身太りになってしまう危険があります。

 

いくつになってもスレンダーで引き締まった体型を保つためには、日々腹筋などの運動を行い、体を動かし筋肉を付けることが重要なのですね。

 

その4:内臓の働きが活発になる

「腹筋には内蔵を支える役割がある」と先ほどお伝えしましたが、腹筋を鍛えることで、一度下がってしまった内蔵を元の位置に戻すことができます。

内臓は、下垂した状態だと正常に働くことができません。

 

しかし、元の位置に戻れば再び正常に働くことができるため、消化なども促進され代謝の良い体となりますよ。

 

また、腹筋をすることで腸の働きが良くなり、便秘解消にも繋がります。

お腹の張りがなくなるため、より引き締まったスリムなウエストに近づけることでしょう。

 

その5:姿勢が美しくなる

腹筋は体幹と呼ばれる部分の1つでもあるのですが、この腹筋を鍛えることで体のバランスを整え、まっすぐな美しい姿勢を保てるようになります。

猫背で悩んでいる方は、一度腹筋を鍛えてみるといいかもしれませんね。

 

また、腹筋を鍛え姿勢を正すことで血流が良くなるので、現代人の悩みである肩こりや腰痛の改善も期待できますよ。

 

姿勢が美しい女性は凛としており、若々しくも見られるので、日頃から「姿勢をまっすぐにする」ことを意識しましょう。

 

ゆんころの腹筋の鍛え方が衝撃的!?

では、いよいよ、ゆんころさんのような美しい腹筋になるための鍛え方をご紹介していきたいと思います。

彼女は一体どのようにして腹筋を鍛えているのでしょうか?

 

ゆんころさんはスクワットエクササイズを行い腹筋を鍛えているそうですが、その腹筋の鍛え方が衝撃的で、自分の腹筋をイジメ抜くそうです。

 

ストイックな性格だという、彼女らしいトレーニングの仕方ですね。

では、早速ゆんころさんがどんな方法でトレーニングをしているのか、具体的にみていきましょう!

 

ゆんころ式スクワット

短期間で全身に効果があるといわれるスクワットですが、ゆんころさんは少し違った方法で行なっているようです。

実践している方法は以下のようなやり方です。

 

やり方

  1. 上半身を前に倒しながら太ももの裏側が伸びている感覚を意識する
  2. その姿勢からゆっくりと膝を曲げて腰を落としていく
  3. 腰を落とす時膝がつま先より前に出ないように注意する
  4. 深くしゃがむ姿勢になれば元の位置まで戻す

これをなんと、日々15回3セット行います。

 

想像しただけで腹筋がつりそうですが、ストイックなゆんころさんは30kgのダンベルを持ってこのスクワットをしているそうです。

これだけのメニューを普段あまり運動していない人が行うと怪我をしてしまう危険があるため、慣れてきたら行なってみましょう。

まずは回数を減らすなど、徐々に取り入れていくことがおすすめです。

 

また、ゆんころさんはこのスクワット以外にも、キックボクシングトレーニングを取り入れて日々体を引き締めているそうです。

 

キックボクシングトレーニング

キックボクシングは主に下半身を使ったスポーツなので、気になるお尻や太ももなど、下半身全体を鍛え引き締める効果が期待できます。

ゆんころさんは、週2回ジムに通い3分間×5ラウンドのミット打ちで下半身を鍛えているそうなのですが、もはやアスリート並みの鍛え方ですよね。

 

キックボクシングは初心者にはかなりハードなトレーニングなのですが、有酸素運動なので、効率よく下半身を引き締めてくれますよ。

興味のある方は、是非ジムに通って実践してみてください。

 

このように、ゆんころさんの美しい体は、ストイック過ぎるトレーニングによってつくられていたのですね。

 

お尻専用トレーニングジム

重力に負けず、キュッと上がったお尻の持ち主であるゆんころさんですが、彼女のヒップは「お尻専用トレーニングジム」でつくられているようです。

そのような専門のジムがあるのかと少々衝撃を受けますが、理想的なヒップを作るのはそれだけこだわりがあるということですよね。

彼女のボディラインへの強い信念を感じますよね。

 

ただ、実際にお尻専用トレーニングジムに通うとなると、お金も時間もない方もいると思います。

そんなときは、ゆんころさんおすすめのトレーニングを実践しましょう!

自宅でできるため、隙間時間をみつけてはトレーニングすることができますよ。

 

ゆんころの筋肉を作る食事メニュー 

このようにトレーニングにとてもストイックなゆんころさんですが、食事にもしっかり意識を置いているようです。

体作りのために、基本的にはご自身で作ったお弁当を食べているようです。

 

筋肉質な体を目指す上で炭水化物は削りがちですが、ゆんころさんは必ずランチに120gの玄米を食べているそうです。

炭水化物を抜いた場合と比べて炭水化物を摂った方が消費カロリーが高くなるためだそうです。

 

夕食はサラダチキンや生野菜など軽めにとり、寝る4時間前までに食べることにしているそうです。

寝る直前に食べてしまうと臓器の活動が悪くなり、便秘や肥満を起こしやすい体質になってしまうため注意が必要です。

 

ゆんころオススメの自宅でできるトレーニング

今からご紹介していくトレーニングは、自宅にあるものを使ってできるため、思い立ったらすぐに実践できますよ。

トレーニングをする際のポイントは、「鍛えたい部分を意識しながら運動すること」だそうです。

 

正しいやり方を守って実践してみて下さい。

 

ヒップスラフト

日本ではまだ馴染みのないヒップスラフトですが、最強のヒップアップトレーニングといわれている方法です。

効果は抜群だと話題なので、是非下記のやり方で実践してみて下さい。

 

正しいやり方

  1. 仰向けに寝てヒザを曲げる(お尻は床につけず浮かせましょう)
  2. バーベルを腰にのせ、お尻を上に突き上げておろすを繰り返す

 

バーベルは1.5リットルのペットボトルで代用して自宅でも行うことができます。

自宅で簡単にできるのは嬉しいですよね。

 

ただ、1.5リットルのペットボトルを腰にのせるとかなり重さを感じます。

慣れるまでは無理をしないようにしましょう。

 

ゆんころさんはこのセットを毎日20回×3セット行うっているそうなのですが、このトレーニング方法もストイックな彼女ならではですね。

 

ブルガリアンスクワット

ブルガリアンスクワットは通常のスクワットに比べ、下半身への効果が絶大だといわれています。

美尻と美脚、どちらも手に入れられるといわれているブルガリアンスクワットを是非実践してみて下さい。

 

正しいやり方

  1. 椅子に片足のつま先を乗せ、片足で上下スクワットする
  2. この時椅子から1歩くらい出た立ち位置で行う
  3. もう一方の足も同様にスクワットする

 

ゆんころさんはこのセットを10回×3セット行うそうです。

ブルガリアンスクワットはバランス力が重要になってくるので、怪我をしないよう気をつけて実践して下さい。

 

実際にやってみると悶絶するほどきついですが、美しいお尻は1日にしてならず、ということなのでしょう。

 

日々の積み重ねが大切なので、少しずつ回数を増やしていくというやり方で、無理のない範囲で毎日続けていきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、人気カリスマモデルゆんころさんの腹筋の鍛え方や、美しい体をつくるためのスクワットやエクササイズをご紹介しました。

 

ストイックなトレーニング方法でもありますが、それらを自分のペースで少しずつ取り入れてみましょう。

そうすることで彼女のような美しい腹筋を手に入れることができます。

 

継続は力なり、という言葉もあるように、トレーニングを習慣づけることが大切です。

無理をしても長続きはしませんよね。

 

彼女のような美しい腹筋と引き締まったお尻を目指して、コツコツとトレーニングに励みましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プランクで腹筋が割れる!?効果ややり方!適正な時間はどのくらい?

プランクで腹筋が割れる!?効果ややり方!適正な時間はどのくらい?

女性でも腹筋が割れるやり方

スクワットが腹筋に効く!女性でも腹筋が割れるやり方を解説!!

プランクチャレンジは効果ない?何日目から結果が出てくるの?

プランクチャレンジは効果ない?何日目から結果が出てくるの?

プランクチャレンジの口コミをまとめてみた

プランクチャレンジの口コミをまとめてみた

腹筋を割る方法!女性・女子におすすめの筋トレのやり方を徹底解説!!

みちょぱの腹筋の鍛え方・やり方!縦線の作り方がやばい!!

みちょぱの腹筋の鍛え方・やり方!縦線の作り方がやばい!!